【書籍】フランスの配色

夏休みシーズン、いかがお過ごしですか?

私はいつもより自分の時間がとれないので、思い切って『インプット月間』にしています。

そうやって、最初から決めてしまえば、思った通りに動けなくても自己嫌悪しなくてすみますよね!
もし、「うまくいかないーー!」とイライラしてしまっていたら、前向きな敗北宣言??もおススメです^^

さて、今日ご紹介したい本はこちら。

フランスの配色  (城一夫 著)

実は私、フランスという名前がつくものにはすぐ反応してしまいまして・・・
(というか、女性は大体好きですよね??)

今回も期待大!で読みました。

内容は、

・フランスで使用されている基本的な色の紹介

・歴史上で見られる工芸品・ポスターなどから配色をピックアップして解説

・使用した色は一覧でCMYK・RGB値など明記
(※視覚的に再現しているため、近似値となり実際の色と異なる場合あり)

という感じ。

使用されている色名を見るだけでも、ウットリ・・・

例えば、

rosethe

これが『ローズ テ』で

orangetango

こちらが『オランジュ タンゴ』です。

もう、名前だけで素敵!です。

そんな色がたくさんたくさん、載っています。

ただ、もともとある配色を解説しているので、実際に使うには少し難しいかな、という印象です。

そもそも、使っている面積や形があっての配色なので、そのまま使うには配置するバランスを考えないといけません。

使いたい色があって、そこにスパイスとなる色を探す、というのにはいいですね。

とってもカラフルな配色のオンパレード。

見ているだけで、頭の刺激になりますよ!

▶︎オンラインでweb制作に役立つ色彩セミナーを開催しています。次回の開催にご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。
http://ichicolor.com/contact/

▶︎個別セッションをはじめました。
内容・料金等はこちらです。
http://ichicolor.com/service/

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大