メルカリで売れる出品のコツ。

色彩ブログにしては、すごいタイトル・・・

GWでちょっとぼんやりした頭に、趣向を変えてこんな記事です。

メルカリってご存知ですか?

キャッチーなCMでも有名なフリマアプリです。

着れなくなった子供服に、引き出物で頂いたタオルなど・・・

自分には不要になったものを、欲しい人にお譲りする。
まさに、ネット上のフリーマーケットです。
『断捨離』がメジャーな単語になった今、使ってるよ!という方も多いんじゃないでしょうか。

今回は、そんなフリマアプリで実験です!

アプリ上に並ぶたくさんの商品写真。
例えば、「子ども」「キャップ」で検索すると、こんな感じで表示されます。

メルカリ検索ページ

一度にたくさんの商品が・・・

このなかから『探してもらう』んですから、出来るだけキレイに見える写真がいいですね!

こんなときでも、配色テクニックを使ってイメージアップができます。

例えば、こちら。

== Before ==

帽子と畳

畳にパッと置いて、パシャリ。

薄いピンクとライトベージュの組み合わせなんですが、うーん、、あんまり分からないですね。
そして背景の畳が、庶民的な印象をぐぐっと強めているような…
なんとなく、使用感も伝わってきます。
(元気に走り回って→しっかり使ってたのかな??みたいな)

それを、こんな感じで撮り直しました。

== After ==

帽子とグレーのマット

ピンクとセットでよく使われる、グレーと合わせてみました。
背景をグレーに変えたことで、薄いピンクもはっきり綺麗に見えませんか?
また、上品な配色になったおかげで、商品そのものも『品良く』見える気も・・・
これは、背景と商品の色を対比させることでイメージアップさせるテクニックです。
背景が明るいと商品は暗く見え、背景が暗いと商品は明るく見えます。

これを明度対比と言います。

また、Beforeの写真は、背景の色(畳)に商品の色がひっぱられて、少し黄ばんで見える恐れが。

(参考:ワタシ、まわりに影響されやすいんです。《同化効果》

ユーズド・古着と分かっていても、少しでも綺麗なものを買いたい!のが本音ですよね。
第一印象が一番大切な、商品の写真。

ネットショップでも活用できるテクニックです。
ちょっとの工夫でイメージアップできる、配色のコツ、ぜひお試しくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大