色で立体感をだす方法

今回は、色で立体感を出すテクニックについてお話します。

ちょっとだけ意識して色を組み合わせる方法です。
あ、その3Dメガネ、要りませんよ!


例えば、こんな感じ。

totu
前面に尖って出てきているように見えますね。

これは、日常生活で見ている『光と影の関係』をそのまま配色に使えばできる方法です。

totuSun

つまり、

前面に出ている(凸)・・・ 光があたる上の方が明るく、下は暗い

逆に、後退している(凹)場合は、光があたる上が暗く・下は明るく を意識して配色します。

これは、大きい面積の背景などでよく見かけるテクニックのひとつです。

なにかものたりないなぁ、というとき、背景にこのテクニックを使ったデザインを足すのも立体感が出ておススメです。
ぜひトライしてみてくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大