フォントと色の惹かれあう関係。

明朝体とゴシック体。

見やすい色って意識したことありますか?

ゴシック体に比べて、線が細く真面目?な明朝体。

minchoBk

情緒もあって、こんな一文にだって雰囲気を感じます。

が、
前回の面積効果でもお話ししましたが、その細さゆえ『見づらい』色もあるんです。

例えば上の文章を、『春だし、さくらだし、、、』やさしい色を使ってみると・・・

mincho

フォントの雰囲気に合ってて、すてきです。
でも、、、読むにはちょっと見づらい!
この色とフォントで、何かを説明する文章は、相手にとって読みづらいですよね。

では、想像した色よりも気持ち鮮やかな色に変えてみると・・・

mincho2

さっきより見やすくなりましたね。

背景のデザインで使うのなら別ですが、白い背景で明朝体を『読ませる』ときは、暗い色・はっきりした色 が相性いいです。

自分がイメージする色より、きもーち濃いめ、がコツですよ!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大