そうはいっても原色を使いたい!怖くならない配色テクニック。

暑い。あついです。

梅雨があけるかどうかのこの時期、一番ジメジメして蒸し暑い・・・

こんな季節には涼しげな配色もいいけど、逆に元気いっぱいの配色も使ってみたい!

夏といったら原色パワーが必要でしょう!

そうですよね。
いつもいつも真面目な配色じゃ、飽きちゃうっていうのも、もっともです。

では、今回は暑苦しくない原色つかいについてお話しますね。

以前、こちらの記事でお話ししたこの配色を使ってみましょう。

rpm

参考:インパクトどころか、、見づらい配色

すごく目が疲れます。

でも、パワフルなイメージも感じられます。

こういうときは無彩色を使って、中和させましょう!

例えば、白を使ってセパレーションしてみると、

rbSp

まぶしくないし、赤と青がスッキリさわやかに強調されました。

街で見かける、これですね。

koori2

また、黒でセパレーションすれば、


rbSp2

ちょっとコミカルで動きを感じる印象に。

さらに欲張って、黒と白を使って、面積もちょっと変えてしまえば、

rbSp3

モンドリアン風に、と変化し、よりデザイン性が高くなる配色になります。

(参照:wikipedia ピエト・モンドリアン

『使い方に気をつける』『中和させる』を意識すれば、原色も怖くありません!

▶︎オンラインでweb制作に役立つ色彩セミナーを開催しています。次回の開催にご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。
http://ichicolor.com/contact/

▶︎個別セッションをはじめました。
内容・料金等はこちらです。
http://ichicolor.com/service/

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大