人とは違う色で個性を出すにはどうすればいいの?

チラシや看板で、ずっと気になってた配色があります。

それがこちら。

sousai2

とある冠婚葬祭会社のものです。

とても上品で落ち着きを感じます。

こころが静まるようで儀式にもふさわしいように思えてきます・・・

ちなみに、ほかの会社でよく使われている配色は、こんな感じ。

sousai1

あたたかい色合いで親しみやすい配色ですね。

それに、冠婚葬祭=紫、って誰もがイメージできる色じゃないでしょうか?

それもそのはず、

紫は、聖徳太子の時代でも最上位の色として使われていて、古くから高貴な色とされてきました。

また、神秘的なイメージももつので、冠婚葬祭の繊細な世界を表現するのにぴったり。

なので、紫を基調とした配色は受け入れられやすいのです。

ただ、

多くの会社がコーポレートカラーとしているのも事実。

そんななかで、違う個性を出すには?

想定するターゲットに好まれる色は?

そんなことがしっかりと考えられた配色だなあ、と感じるのです。

sousai2

一般的には、冠婚葬祭=高貴なイメージ=神秘的な世界、、というイメージですよね。

だけど、こちらの配色は、アピールしたい『伝統・高級感・ホスピタリティ』etc.が、とても分かりやすく表現されています。

これって、どんなジャンルでも同じだと思います。

・自分たちはどんなことを提供できるのか?

・どんなひとたちに向けて発信しているのか?

・付加価値はどこか?

この部分をどんどん掘り下げていけば、『ひととは違う個性』が見えますよね。

そしてそれが見えたときが、『ひととは違う』配色のスタート、です。

ぜひ、紙とペンを持って書き出してみてくださいね!

***自分じゃ難しい・・・というかたには、一緒に探してみませんか?***

▶︎個別セッションをはじめました。
内容・料金等はこちらです。
http://ichicolor.com/service/

▶︎オンラインでweb制作に役立つ色彩セミナーを開催しています。次回の開催はこちらからお問い合わせください。
http://ichicolor.com/contact/

〇お客様の声
「もっとブログを良くすることができる」と力強く感じることができた!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大