まずはココから!色を決める3つの要素

meido

今回は、色を決めている3つの要素についてお話しします。

そもそも色ってなに?

色には3つの性質があります。
色相・明度・彩度です。
この3つを合わせて《色の三属性》といいます。

どんな性質かというと…

・色相=赤、青、黄など色合いのこと
・明度=明るさ
・彩度=鮮やかさ

です。

例えば上の写真。
折り紙を並べてみました。

2色とも、色相は緑。
でも明るさは?
左のほうが明るいですね。
つまり明度が高いのは左のほうです。
逆に、はっきりとした印象で鮮やかに感じるのは、右。

と、折り紙ひとつとっても、こんな感じで色を分析できます。
ちょっと、新鮮でしょ?

いろんな角度から色を分析することで、
自分が選んだ色がどんなキャラクターか・どんなメッセージを出してるのか、分かるようになります。

配色とは、そういった色の声をきちんと聞いて、引き寄せ合う色同士を並べてあげること。

こうしたルールを知ることで、感覚で選ぶよりも説得力のある配色ができるようになります。

次回から、それぞれ詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大