いろんな世界を知って、感性を磨く。

理屈や理論を頭にいれても、なんだかピンとこないとき。

そんなときは、とにかく自分のアンテナに引っかかったものに、触れてみます。

今手にしているのはこちらの本。

nakaharajunichi

昭和の文化が濃く香る、中原淳一さんの本です。

そのなかで面白いページを見つけました。

『季節と配色』

・・・

私が美しい色調、好ましいと思っている配色を各シーズン毎に二,三挙げてみよう。

(中略)

秋―茶色と鼠か黄、またはサーモンピンク等。

実際に並べてみるとこんな感じでしょうか?

〇茶色と鼠

nakaharaj-1_03

〇茶色と黄

nakaharaj-2_03

〇茶色とサーモンピンク

nakaharaj-3_03

また、こんなことも書いてありました。

茶に合わない色はもちろん避けるべきだが、それ以外は茶を配することによって秋らしくなる。

中原さんが色彩の理論を学ばれたかどうかは分かりませんが、納得!な配色ですよね。

美しいものって、時代を超えても普遍的なものなんだなと改めて感じました。

美しさやきれいなものを、言葉で説明できるようになるのが色彩の知識です。

ぜひ、アンテナを広げて美しいものにたくさん触れてくださいね!

中原淳一の世界 幸せになる言葉
(監修 ひまわりや)

***お知らせです***

▶︎個別セッションをはじめました。
内容・料金等はこちらです。
http://ichicolor.com/service/

▶︎オンラインでweb制作に役立つ色彩セミナーを開催しています。次回の開催はこちらからお問い合わせください。
http://ichicolor.com/contact/

〇お客様の声
「もっとブログを良くすることができる」と力強く感じることができた!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大