どうして色の勉強をするの?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-10-PAK88_iroenpintuyoko500-thumb-1000xauto-3661

デザインをしていると多くの人が必ず立ち止まってしまうポイント。

それは、≪どんな色にするか?≫じゃないでしょうか。

調和のとれた配色にするには、実はいくつかの法則があります。
でも、それを学ぶ機会はあまりありません。

デザインにセンスは必要ですが、ちょっとしたコツがあれば、誰でも〝心地いい配色〟はできるんです。

そう、配色はセンスだけじゃなくて、ルールを知っているかどうか、なんです。

例えば、あなたのデザイン、どうして『良い』か相手に説明できますか?

『感覚』を『言葉』にできたとき、より相手に受け入れられるようになります。

====================
「自分のデザインに自信がない・・・」

「クライアントに説明するとき、もっと説得力をつけたい・・・」

「そもそも、どんな色を使えばいいか分からない・・・」
====================

そんなとき、

『色』の基礎知識を知っていれば、配色に苦手意識がなくなります。

言葉で説明できるので、自信をもって相手にアピールできるようになります。

今よりももっと説得力のあるプレゼンができます。

自分の『感覚』だけよりも、相手に伝わる『知識』を身につけて、良いデザインをしていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大